ひろ森あん

チェーンソーで安全に伐る研修会
11/2,11/23の申込はコチラ

われわれの安全活動制度

ひろしま地域での実態を踏まえ、独自の講習制度を開発しています。講習会を、研修会と練習会、実践会を次のように3つに分類しています。講習会カレンダーも参照のうえ、ご参加を検討ください。

  1. 研修会は、山の手入れ作業の初心者の方、基礎から復習をしたい方、各団体で指導的立場の方向けの講習会です。チェーンソーによる伐倒と造材を安全に行うための心構えから、技術を座学と経験者のデモ見学、実技により学びます。受講料1,000円。
  2. 練習会は、「研修会」やそれに準ずる講習会を受講され、安全の心構えができている方が対象です。チェーンソーによる伐倒と造材の実技を行います。「研修会」では、実技の時間が限られるため、この「練習会」でしっかりと実技を行い、安全技術を技能として身につけます。実技内容は、各回ごと、受講者のレベルや要望に応じてカスタマイズします。1回だけでも、何回でも参加可能です。受講料500円。
  3. 実践会は、実際に山で活動されている方が対象です。広島の里山で多い雑木林で、広葉樹の伐倒や木材の搬出、掛かり木処理など、山の手入れ活動の実態にあわせたか講習を行います。「研修会」「練習会」では、針葉樹の人工林で基礎的な伐倒技術の確認と訓練が中心ですが、「実践会」では、より実践的な内容となります。ただし、受講者のレベルにより、内容は講師によるデモの見学となる場合もあります。受講料2,000円。
  4. その他に、「交流会」や「習熟確認会」も企画をしています。「交流会」は、広島地域で山の手入れ活動をされている団体や個人の方がたに、集まっていただき、安全技術に関するテーマや話題を提供し、参加者同士の交流をふかめ、さらに日頃、各団体で感じている課題や要望などを意見交換します(無料)。「習熟確認会」は、「研修会」を受講された方を対象に、自分たちの技能の習熟度がどの程度のものか、受講生どうしで相互確認し合う会です。独りよがりにならず、客観的な技能レベルを確認してください。